顔の傷について9級を取得し、1,144万円を獲得した事例

相談者 
 

40代女性/  兼業主婦

傷 病

頭部顔面挫傷、鼻骨骨折

後遺障害内容・部位

顔面外貌醜状

後遺障害等級

9級
 

当事務所の後遺障害等級認定・示談交渉サポートにより獲得した金額

賠償項目 獲得金額
後遺障害慰謝料 690万円(裁判基準)
後遺障害逸失利益 1,151万円(裁判基準超) ※1
傷害慰謝料 180万円(裁判基準) ※2
主婦の休業損害 95万円(裁判基準超) ※3
その他 51万円
合計額 2,167万円(裁判基準超) 
                                
(45%過失認定事案のため、取得額は1,144万円)
※1裁判上、顔に傷を負われた事案において家事労働についての後遺障害逸失利益の認定を受けることは、極めて困難です。           
※1基礎年収  3,559,000円(女性の平均賃金)
※2通院頻度はかなりまばらでしたが、通院期間分満額を少し上回る金額で決着しました。
※3逸失利益同様、認定を受けるのが難しいポイントですが、家事労働分の休業損害の認定がなされました。
 

ご依頼と後遺障害等級認定

 被害者は女性の方で、顔に傷を負われ、心にひどい傷を負われていました。しかし、被害者の方は、裁判所にまで持ち込んで顔の傷について語ることを希望しておられませんでした。
被害者の方の心の傷を形にするためには、何としても後遺障害等級の認定を受け、裁判基準での示談解決に繋げる必要がありました。
当事務所では、自賠責保険の調査手続にも立会をさせていただき、眉間と鼻背に3cmずつ刻まれた手術線上痕について、合計5cm以上の線上の傷であること、及び、人目につく程度以上のものであることを調査員の方にしっかりとお伝えし、無事、9級の認定を受けることができました。

 

顔の傷に関する自賠責保険の等級認定手続きについて

 自賠責保険の調査事務所は、顔の傷について等級の認定の是非を決めるために、面談の機会を要求してくることが多くありますが、面談の機会が制度的に保障されているわけではありません。
 特に、顔の傷について、後遺障害9級の認定をうけるためには、顔面部に5cm以上の線状痕が残ることだけでなく、それが人目につく程度以上のものであることが要求されます。
 そこで、人目につく程度以上のものであることをどのようにアピールするかが一つのポイントとなります。写真を添付して伝えていく方法もありますが、本件では、傷の部分の変色等はなく、凹凸感は、写真だと今ひとつ伝わりにくいものでした。そこで、等級申請に際し、等級認定にあたっては面談をされるよう要求しておき、調査事務所に面談に赴き、調査員の面前で人目につく以上の傷であることを伝える方法を採りました。
 本件では、この方法が非常に有効でした。

 

示談交渉

 顔の傷のせいで仕事ができなくなったかどうかと言う判断について、日本の裁判所は極めて冷たい態度をとります。9級の後遺障害等級がついた場合、裁判所の基準では、事故前より35%分の仕事ができなくなったと考えるのが相場とされていますが、顔の傷については、仕事の種類により、顔の傷の影響が大きいと言えるような場合に限り、20%程度仕事ができなくなったと認められれば大成功というのが一般的な相場とされています。

 特に、家事労働については、顔の傷で家事ができなくなるという認定がなされた例は極めて少なく、本件でも、当事者の方に対し、厳しい見通しを語らないわけにはいきませんでした。
 他方で、被害者の方は女性ですので、顔の真ん中に残された線状の傷に、深く傷付いていました。事務職の仕事では受付を任されていたとても明るい女性でしたが、事故後はその明るさは失われ、何より顔の傷は、文字どおり会社の顔である受付の仕事に直接的な影響を及ぼすものでした。家庭生活においても元気印が信条であった被害者の方に生じた変化は筆舌に尽くしがたいものでした。
 そこで、顔の傷について、家事労働能力の減少を認めた希少な裁判事例やその他の大きな労働能力喪失を認めた事例を引き合いに出し、本件の顔の傷の位置や形状からして、もし裁判となれば高い労働能力喪失率の認定が予測される事案であること、増額慰謝料の認定可能性も極めて高いことを根気強く主張し続け交渉した結果、裁判を経ずして後遺障害逸失利益1,151万円の認定を受けることに成功しました。 
 

所感、争点

 本件は、顔の傷の後遺障害事案であり、裁判所では後遺障害逸失利益の認定について、しばしば後ろ向きの認定がなされる、非常にリスクの高い領域の問題を孕んでいました。
 そこで、自賠責保険の手続で確実に9級の認定を得て、後遺障害逸失利益の認定を受けた上で示談解決を図ることが理想の事案でした。
 本件では、その解決構想がズバリとハマり、被害者の方にも大変お喜びいただくことができました。
 当事務所では、顔の傷の後遺障害について、徹底的にこだわって、被害者の方にスッキリしていただける解決を目指しています。
 たしかに、顔の傷があるからと言って、手足が動かなくなった方々と同じように仕事ができなくなるわけではないかもしれません。しかし、顔に傷が残ることほどショッキングな出来事が、そうはないこともまた事実ではないでしょうか。
 そんな被害者の方の思いに寄り添うべく、当事務所では、顔の傷について後遺障害9級の認定実績を数多く残しており、また、その後の示談交渉や紛争処理センター・裁判所での事案解決において、ことごとく後遺障害逸失利益の認定を得てきております。
 不慮の事故により大切なお顔に傷を負われ、悲しい思い、悔しい思いに押し潰されそうになったら、まずは当事務所にお電話下さい。
 その思いが少しでも吹っ切れて、明るいあなたを取り戻していただけるよう、我々が最大限のサポートをさせていただきます。
 

当事務所の交通事故解決実績の一覧

  以下では、当事務所で解決した最近の事例について、その一部をご紹介させていただきます。
 

解決事例1:右上腕骨頚部等骨折後の右手指の機能障害と右上肢の変形障害について、併合8級を取得し2,077万円を獲得した事例


解決事例2:左脛腓骨骨幹部開放骨折後の、足関節の機能障害と左下肢瘢痕について、併合11級を取得し 495万円の初回提示から2,700万円に増額(約3.5倍にアップ)した事例

解決事例3:項頚部~右肩甲骨周囲の常時痛、頭痛、腰の常時痛につき併合14級を取得し、425万円を獲得した兼業主婦の事例

解決事例4:左膝痛について、12級を取得し、1,375万円を獲得した事例

解決事例5:頸椎捻挫後の両手指シビレ感、後頚部痛、腰部挫傷後の腰背部痛について、併合14級を取得し430万円を獲得した事例

解決事例6:右肩甲周囲の強い自発痛、頚部動作痛および右上肢しびれ及び慢性持続性の腰痛について、後遺障害部分だけで197万円を獲得した事例

解決事例7:左鎖骨骨折後の左鎖骨の変形障害、右脛骨高原骨折後の右膝関節痛について、後遺障害部分だけで923万円を獲得した事例

解決事例8:頚部挫傷後の頚部痛、左上肢疼痛、手指のしびれについて、14級を取得し320万円を獲得した事例

解決事例9:頚椎捻挫後の後頚部痛、両側母指周囲のしびれ、腰椎捻挫後の腰痛について、保険会社提示額の186万円(後遺障害部分のみ)から約2.5倍に増額した事例

解決事例10:左右上下視時の複視(単眼)で224万円から約5.8倍(1,000万円以上)の1,423万円に増額した事例

解決事例11:高次脳機能障害と嗅覚脱失の後遺障害部分の損害額として、8,083万円の認定を受けた事例

解決事例12:頚椎捻挫後の頚部安静時痛について14級を取得し、裁判基準以上の290万円で示談した事例

解決事例13:頚部痛、右肩痛について14級を取得し、示談で700万円獲得した事例

解決事例14:半月板損傷後の右膝関節痛について12級を取得し、損害額913万円(治療費等既払い金を除く)の認定を受けた事例

解決事例15:「高次脳機能障害なし」の診断から逆転で9級を取得し、3,750万円を獲得した事例

解決事例16:左橈骨骨折後の手関節機能障害(10級)の事案について、受任後1か月で、保険会社の1,650万円の提示から2,790万円にアップさせた事例

解決事例17:死亡事故について、保険会社の1,990万円の提示を2,970万円にアップさせた事例

解決事例18:顔の傷について9級を取得し、1,144万円を獲得した事例
     

解決事例19:右足関節機能障害と右足関節について12級を取得し、1,250万円を獲得した事例


解決事例20:左橈骨骨折、左尺骨骨折に伴う左手関節機能障害(12級)の事案について、保険会社の提示額460万円から3倍以上の1,400万円にアップさせた事例

 

解決事例21:頚部痛・右手のしびれ等について14級を取得後、保険会社から約100万円の提示を受けたが、紛争処理センターで350万円獲得し和解した事例

 

解決事例22:左股関節機能障害等について併合9級を取得し、損害額2,530万円(治療費等既払い金を除く)の認定を受けた事例

 

解決事例23:右前腕骨両骨骨折等の後、骨折患部の痛みが残った(12級)の事案について、保険会社の294万円の提示から780万円にアップさせた事例

 

解決事例24:頚部痛、腰部痛につき14級を取得した専業主婦の方について、425万円で示談解決した事例
 

解決事例25:右大腿骨転子部骨折後の右股関節機能障害について12級を取得し、837万円を獲得した事例

ImgTop6.jpg
 

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス


交通事故・後遺障害のご相談 相談料・着手金0円 048-825-8686 受付時間 9:00~19:00(平日) 無料相談はこちら

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

弁護士特約利用で0円 詳しくはこちら

まずはお電話でお気軽に無料電話相談 詳しくはこちら

お気軽にご相談ください無料メール相談 詳しくはこちら

CONTENTS MENU

事務所概要 〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分 048-825-8686 アクセスはこちら

アクセスマップ

 

浦和総合法律事務所 JR浦和駅西口徒歩5分

〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 
コスタ・タワー浦和A棟202A・B
電話 048-825-8686

Copyright (C) 2014 浦和総合法律事務所 All Rights Reserved.