• HOME
  • 弁護士に相談するタイミング

弁護士に相談するタイミング

交通事故で怪我をされた場合、できるだけ早く弁護士にご相談ください。
 
突然交通事故に合われた場合、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。そのため、ついつい弁護士に相談するのは遅くなりがちです。
  
以前は、交通事故損害賠償の問題について、「弁護士の仕事は保険会社との交渉のみ」と考える弁護士が多かったため、「通院が終わって後遺障害の認定が下りてから相談してください」という弁護士の先生もおられるようです。

 
しかし、当事務所の経験では、事故直後のできるだけ早いタイミングでご相談いただかなければ、本当の意味で被害者の方々を救うことはできません。特に、後遺障害等級認定の基準が厳しくなり、容易に後遺障
害が認められなくなった今日においては、事故後、損害賠償の専門家である弁護士の目で通院状況や診療内容を分析し、後遺障害等級認定が受けられるような診断書や検査結果を確保し、認定に十分な通院をしておくことが不可欠です。したがって、通院終了後に弁護士に相談したのでは手遅れになりかねません。


例えば、事故直後に然るべき検査を受けておかなければ、その後何か月も通院した後に残った後遺障害は、事故とは無関係であると言われてしまう場合もあります。その点、事故直後にご相談いただければ、いつ頃、どのような検査を受けておくべきかというアドバイスをさせていただくこともできます。
 
また、後遺障害等級が1つ違うだけでも、賠償金額は大幅に異なります。
ですので、適正な等級認定を受けることが、実際に生じた損害に応じた、正しい賠償金額を受け取っていただくための前提条件となります。
 
ひとたび等級が決定してしまうと、これに対し後から異議申立てを行い、より上位の等級を認定してもらうことは容易ではありません。
 
その点、当初から相談いただければ、最初の後遺障害等級認定の前に、然るべき検査を受けることや、認定に必要な診断書等をご用意いただき、対策を練ることができるのです。

 
逆に、事故発生から時期が空いてしまうと、事故後に適切な治療のアドバイスを受けられなかったために、怪我が良くならずに後遺障害として残ってしまうこともあります。病院に通っているのだから安心と思う方もいると思いますが、交通事故の後は身体のあちこちが痛いため、重大な損傷部位が見つからないこともあります。
 
例えば、事故から半年間にわたり、首の辺りが痛いと訴えて病院に通い、肩が上がらないのもそのせいかと思って頚椎の治療を続けてきたが、半年後に弁護士に相談して事故後初めてMRI画像を撮ったところ、実は肩の腱板を損傷しており、肩が上がらないのもそのせいであったということもあります。十分な治療を受けられなかったため肩が上がらず、しかも、画像が事故から半年経過後に撮影されたものであるから、腱板損傷は事故とは無関係であり、肩が上がらない点は事故による後遺障害ではないといった判定がなされてしまうこともあるのです。

 
交通事故で怪我をされたら、とにかく、できるだけ早く弁護士にご相談ください。
治せる怪我は全て治し、後遺障害については全て損害として正しく評価してもらい、最大の賠償金額を受け取るべきです。そうでなければ、交通事故被害から救われたとは言えないのではないでしょうか。
 
ImgTop6.jpg
 

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス


交通事故・後遺障害のご相談 相談料・着手金0円 048-825-8686 受付時間 9:00~19:00(平日) 無料相談はこちら

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

弁護士特約利用で0円 詳しくはこちら

まずはお電話でお気軽に無料電話相談 詳しくはこちら

お気軽にご相談ください無料メール相談 詳しくはこちら

CONTENTS MENU

事務所概要 〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分 048-825-8686 アクセスはこちら

アクセスマップ

 

浦和総合法律事務所 JR浦和駅西口徒歩5分

〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 
コスタ・タワー浦和A棟202A・B
電話 048-825-8686

Copyright (C) 2014 弁護士法人オールイズワン(浦和総合法律事務所) All Rights Reserved.