• HOME
  • 12級と14級の違い

12級と14級の違い

むち打ちが後遺障害として等級認定をされる場合、14級9号として認定される場合と、12級13号として認定される場合があります。どのような違いによって14級9号と12級13号が区別されているのか、基準を知らないという方も少なくないと思います。
 
しかし、14級9号と12級13号では、後遺障害に関する賠償金額に約3倍もの開きがありますので、12級と14級の違いについて十分に理解をしておくことが必要です。ここでは、12級と14級の違いについて紹介させていただきます。
 
14級9号は、局部に神経症状を残すものである場合に認定されます。14級9号の認定を受けるためには、医師による神経学的所見と、被害者の自覚症状が一致していることが等級認定を得るために必要な条件です。
 
一方で12級13号は、局部に頑固な神経症状を残すものである場合に認定されます。12級13号の認定を受けるためには、医師による神経学的所見に加え、レントゲン画像、MRI画像などの画像所見が必要になります。
 
この時注意しなければならないことが、MRI画像は細かな症状まで鮮明に撮影できるかどうかが、機械であるかどうかが、最終的に12級13号の認定を受けることができるかどうかを左右することもあるということです。
 
勿論、医師の技術も関係するでしょうが、それ以前にMRIの機械によって、撮影される画像の鮮明さが異なるということです。そのため、もし12級13号に該当する症状であったとしても、適切な画像が撮影できるMRIの機械がある病院でなければ、12級13号の等級認定を得ることが極めて難しくなるということもあり得るのです。
 
つまり、MRIの解像度にも幅があり、従来の0.5テスラから、現在は1.5テスラが主流になりつつあるようです。さらに、一部では3テスラを備える院もあり、この解像度の違いにより、症状が画像に表れるか否かが左右されます。
  
また、新機種の方が、正常信号に隠れている異常信号を読み取る確率も上がってきます。
医師は損害賠償の専門家ではありませんので、そこまで神経を尖らせてMRIの解像度等を気にかけてはおられないでしょう。
 
やはり、あなたの身体が被った後遺障害を、きちんと正しく評価してもらうには、早期に後遺障害に詳しい弁護士に相談して、適切な時期に適切な設備のある病院で検査をしていくことが不可欠ということになります。
 

12級13号と14級9号の違い

等級
医師による必要所見
自賠責保険の支払限度額
弁護士会基準の慰謝料額
労働能力喪失率
12級13号
・神経学的所見
・画像所見
224万円 290万円 14%
14級9号
・神経学的所見
・自覚症状と一致
75万円 110万円 5%

 

上記の表のように、12級と14級とでは、賠償金額に大きな差が生じ、逸失利益についても上記表の通り約3倍の開きがある労働能力喪失率をあてはめて計算すると、その差はより顕著になります。
本来受領できるはずの賠償金を獲得するためにも、適正な後遺障害等級を認定してもらうことが重要です。
 
交通事故に遭われ、むちうちかなと思う症状を感じられる場合には、すぐに後遺障害に詳しい弁護士までご相談しましょう。
 
ImgTop6.jpg
 

HOME

弁護士紹介

事務所紹介

アクセス


交通事故・後遺障害のご相談 相談料・着手金0円 048-825-8686 受付時間 9:00~19:00(平日) 無料相談はこちら

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

弁護士特約利用で0円 詳しくはこちら

まずはお電話でお気軽に無料電話相談 詳しくはこちら

お気軽にご相談ください無料メール相談 詳しくはこちら

CONTENTS MENU

事務所概要 〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分 048-825-8686 アクセスはこちら

アクセスマップ

 

浦和総合法律事務所 JR浦和駅西口徒歩5分

〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 
コスタ・タワー浦和A棟202A・B
電話 048-825-8686

Copyright (C) 2014 浦和総合法律事務所 All Rights Reserved.