お客様のお喜びの声

interview02.PNG   右足関節の機能障害・右足関節痛につき後遺障害12級を認定され1,150万円を取得した事例 interview01.PNG
     
右腓骨開放骨折後の変形障害等(12級)について、保険会社提示額から2倍近くの1,100万円にアップさせた事例 interview03.PNG   Interview04.PNG


浦和総合法律事務所の解決事例【部位及び傷病から見る解決事例】

遷延性意識障害 高次脳機能障害
脊髄損傷 顔の傷跡
全人体図 頭部(脳)  遷延性意識障害、高次脳機能障害など
顔面・目・耳・鼻・口  顔面挫創、眼窩底骨折、失明、嗅覚脱出など
首  頚椎捻挫、外傷性頚部症候群、頚椎椎間板ヘルニアなど
肩・胸部  肩鎖関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折、助骨骨折など
上腕~肘~手  上腕骨骨折、尺骨骨折、TFCC損傷など
胸腹部臓器  心挫傷・肝損傷・賢裂傷・大腸破裂など
脊髄・脊柱  脊髄損傷、胸椎破裂骨折、腰椎圧迫骨折など
腰  腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
骨盤~股関節~大腿部  骨盤骨折、股関節脱臼、大腿骨骨折など
膝  膝蓋骨骨折、後十字靱帯損傷、半月板損傷など
膝下から足先  脛骨骨折、腓骨骨折、距骨骨折、踵骨骨折など
相談実績はこちら 1~8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級 認定なし
死亡事故

 

当事務所は成功報酬制ですので、損をすることは、まずありません。

  • 費用体系 詳しくはこちら
  • 弁護士特約の活用方法 詳しくはこちら
  • 解決までの流れ 詳しくはこちら

浦和総合法律事務所なら相談料金・着手金無料で弁護士費用は後払いだから安心。是非、ご相談下さい。 事故発生直後から賠償金の獲得まで全てをサポート致します。

当事務所の最新の解決実績の一部を紹介しています

【最新注目事例】

「高次脳機能障害なし」の診断から逆転で9級を取得し、3,750万円を獲得した事例
高次脳機能障害と嗅覚脱失の後遺障害部分の損害額として、7,407万円の認定を受けた事例
死亡事故について、保険会社の1,990万円の提示を2,970万円にアップさせた事例
顔の傷について9級を取得し、 1,144万円を獲得した事例

 

【事例1】右上肢・右手指の機能障害と右上肢の変形障害について、後遺障害部分だけで1,847万円を獲得した事例
【事例2】足関節の機能障害と左下肢瘢痕について、後遺障害部分だけで 411万円の提示額を1,422万円に増額(約3.5倍にアップ)した事例

【事例3】頚部から右前腕にかけての痛みと右手指の痺れ、腰背部痛について、後遺障害部分だけで、185万円を獲得した事例
【事例4】左膝痛について、後遺障害部分だけで、1,215万円を獲得した事例
【事例5】頸椎捻挫後の両手指シビレ感、後頚部痛、腰部挫傷後の腰背部痛について、後遺障害部分だけで223万円を獲得した事例
【事例6】右肩甲周囲の強い自発痛、頚部動作痛および右上肢しびれ及び慢性持続性の腰痛について、後遺障害部分だけで197万円を獲得した事例
【事例7】左鎖骨骨折後の左鎖骨の変形障害、右脛骨高原骨折後の右膝関節痛について、後遺障害部分だけで923万円を獲得した事例
【事例8】頚部挫傷後の頚部痛、左上肢疼痛、手指のしびれについて、後遺障害部分だけで236万円を獲得した事例
【事例9】頚椎捻挫後の後頚部痛、両側母指周囲のしびれ、腰椎捻挫後の腰痛について、保険会社提示額の83万円(後遺障害部分のみ)から約2.5倍増額した事例
【事例10】左右上下視時の複視(単眼)で224万円から約5.8倍(1,000万円以上)増額した事例
【事例11】高次脳機能障害と嗅覚脱失の後遺障害部分の損害額として、7,407万円の認定を受けた事例
【事例12】頚椎捻挫後の頚部安静時痛について14級を取得し、裁判基準以上の金額で示談した事例
【事例13】頚部痛、右肩痛について14級を取得し、示談で700万円獲得した事例
【事例14】半月板損傷後の右膝関節痛について12級を取得し、損害額913万円(治療費等既払い金を除く)の認定を受けた事例
【事例15】「高次脳機能障害なし」の診断から逆転で9級を取得し、3,750万円を獲得した事例
【事例16】左橈骨骨折後の手関節機能障害(10級)の事案について、受任後1か月で、保険会社の1,650万円の提示から2,790万円にアップさせた事例
【事例17】死亡事故について、保険会社の1,990万円の提示を2,970万円にアップさせた事例
【事例18】顔の傷について9級を取得し、1,144万円を獲得した事例

【事例19】頚部痛と左手指の痺れにつき12級を取得し、示談で1,250万円を獲得した事例
【事例20】左橈骨骨折、尺骨骨折に伴う左手関節機能障害(12級)の事案について、保険会社の提示額460万円から3倍以上の1,400万円にアップさせた事例

【事例21】頚部痛・右手のしびれ等について14級を取得後、保険会社から約100万円の提示を受けたが、紛争処理センターで350万円獲得し和解した事例

【事例22】左股関節機能障害等について併合9級を取得し、損害額2,530万円(治療費等既払い金を除く)の認定を受けた事例

【事例23】右前腕骨両骨骨折等の後、骨折患部の痛みが残った(12級)の事案について、保険会社の294万円の提示から780万円にアップさせた事例

【事例24】頚部痛、腰部痛につき14級を取得した専業主婦の方について、425万円で示談解決した事例

【事例25】右大腿骨転子部骨折後の右股関節機能障害について12級を取得し、837万円を獲得した事例

 

当事務所の7つの特長

1.整形外科、脳神経外科等医師と連携した業務遂行

当事務所では、交通事故の被害者から損害賠償請求に関する依頼を受けると、必要とあらば直ちに主治医の先生の門をたたき、当該医師と連携して業務を進めていきます。

詳しくはこちら >>

2.一人の弁護士が一貫処理

交通事故を取り扱う法律事務所によっては、受任当初対応した弁護士と、ご依頼者が通院を終えられた後、損害賠償請求をする段階での弁護士が異なる場合や、肝心なところが事務担当者任せになっており、弁護士のチェックがなされていない場合があります。

詳しくはこちら >>

3.医療への関心と知識

交通事故後、最初の通院先はたいてい現場近くの病院になり、2回目からは自宅から便利な病院に転院するのが通常です。治療に納得がいかなかったり、医師が話を聞いてくれなかったり、整形外科医が接骨院への並行通院を認めてくれなかったりといった事情で再度転院することも少なくありません。

詳しくはこちら >>

4.受任件数の絞り込みによる高密度な対応

当事務所では、初回相談時、ご相談者のお役に立てる案件であることの確認作業を行い、ご相談者にも十分なご納得を頂いた上で受任するよう心掛けています。

詳しくはこちら >>

5.育てていただいた地元埼玉・浦和への恩返し

私は初心に立ち返り、私の誇りであり、私を育ててくれた埼玉にご恩返しをするため、ここ、埼玉浦和の地に事務所を設立することを決意しました。

詳しくはこちら >>

6.裁判基準による賠償金獲得率98%

後遺障害等級が認められるか認められないかが一つの分岐点となり、等級が認定されれば賠償金額は大きくなり、認められなければさほど大きくなくなるというのは事実です。

詳しくはこちら >>

7.圧倒的なお客様満足度

当事務所にご依頼いただいた方へのアンケートでは、ご回答いただいた方に多数のご満足のお言葉をいただきました。

詳しくはこちら >>

交通事故の賠償金は弁護士に相談することで「増額」されるケースがあります。交通事故問題に詳しい、浦和総合法律事務所なら着手金・相談料無料・完全成功報酬制です。安心してご相談ください。

交通事故問題に詳しい、浦和総合法律事務所なら着手金・相談料無料・完全成功報酬制です。安心してご相談ください。

交通事故被害・後遺障害に関するご相談をお待ちしております。 まずはお気軽にお電話にてご相談ください。 受付時間 平日 9:00~19:00 048-825-8686 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A  JR浦和駅西口徒歩5分

  • 弁護士費用
  • ご相談の流れ

代表挨拶

aokisennsi.PNG

心のこもった弁護活動を目指して  
 
私は、徹底的に交渉にこだわり、獲得金額にこだわります。そんな私を支えるのは、ご依頼者の思いです。
 
ご依頼者のご希望、お気持ちを何より大切にし、お会いしたらまず、その把握に全力を尽くします。
 
把握できたら、紛争の道筋を見据え、相手方の出方を何通りか予想して、交渉方針を建てます。その中で、解決策として、示談が良いのか、調停が良いのか、訴訟が良いのか、訴訟が良いとしても、和解と判決のどちらが理想的かも見極めます。また、請求にとってプラスになる動きを諸処ご紹介し、ご依頼者と相談を重ねていきます。
 
他方で、例えば交通事故であれば、数額を超えた部分において、被害者の方は何に重きを置いておられるのか、通院上の問題点はないかなど、ご依頼を受け、私が相手方に対する窓口となった後にも精神的、物理的にご依頼者に残される問題についてのケアを重要視しています。
このように、私は何を置いてもご依頼者の思いに寄り添い、これを叶えることを大切に考えており、ご依頼者の思いの前には、調停も訴訟も、それを叶える交渉手段にすぎません。
 
そしてご依頼の件が解決し、ご依頼者が、私の「交渉結果」と、ご依頼後にご自分で取り組まれ、または私にご協力いただいたことを振り返った時、納得され、満足され、依頼して本当に良かったと思って下さる、その一点を見据え最善を尽くすことが私の仕事です。
 
私は日々、様々なご依頼者との出会いを頂き、少しずつですが成長させていただいております。心より感謝申し上げます。
 
私にお力添えできることが御座いましたら、どうか、どんな小さなことでも遠慮なさらずご相談ください。

地元、埼玉に密着の対応で、埼玉の皆様のお役に立つことができれば幸いです。

 
心より、お待ち致しております。
 
弁護士 青木 芳之
 
弁護士 青木 芳之の詳しいご紹介はこちら >>

 

弁護士による埼玉・浦和の交通事故に関するレポート

埼玉のさいたま市浦和区における交通事故は、平均で年間500~600件程度発生しています。埼玉の浦和区・南区における事故の多い時間は、17時(562件)、8時(522件)、16時(444件)の順番になっている。通勤・通学・帰宅時間が多くなっています。また、帰宅時間と思われる、15時、16時、17時、18時の合計の事故件数は、全体の約31%となっています。(出典:埼玉浦和・南区役所サイト)
 
埼玉浦和地域の交通事故の状況は、全国の交通事故の状況と比較して
突出した特徴はありませんが、埼玉のなかでも浦和は人口が多いため、交通事故の多いエリアに分類されます。
 
交通事故は、弁護士に相談することで賠償金が大幅に増額するケースが多いですが、多くの方がまだまだその事実を知らず、弁護士に交通事故の賠償金に関する相談をせずに、保険会社の方から提示された賠償金額が正しいと考えてしまっています。

 

全てが間違いというわけではありませんが、保険会社の方も利益を出さないといけませんので、極力、交通事故の賠償金額を下げたいと思うのは当然ですし、事実でもあります。適正な賠償金を獲得するには、交通事故に詳しい弁護士にご相談下さい。

 

また、地元の埼玉県の交通事故事情に詳しい、浦和の弁護士に相談することで、より有利に交渉を進めることができます。埼玉や浦和で交通事故に遭われた場合には、埼玉・浦和で交通事故に詳しい弁護士にご相談下さい。

 

「地元埼玉に密着した法律事務所」

私は小学校入学と同時に埼玉に引っ越してきました。 都心の学校と違って埼玉の地でのびのびと育ちました。中学・高校と埼玉の学校へ進学し、学生時代の大半を埼玉で過ごすうちに、いつの間にか埼玉は私にとってかけがえのない土地となりました。 
東京で弁護士となってもやはり、埼玉への思いは断ち切れず、2014年に念願の埼玉にて事務所を構えるまでに至りました。
 
当事務所は、埼玉の中枢都市であるさいたま市浦和区に位置しており、埼玉各地からのアクセスのよさゆえに、埼玉の遠方よりご相談にいらっしゃる方もいらっしゃいます。
立地だけでなく、当事務所は埼玉各地の整骨院と連携しており、多くの交通事故被害者が満足な治療を受けて頂く事に尽力してきました。
すべては育てていただいた埼玉県の方に納得して頂くために、これからも精進して参ります。
 

official footer_banner.jpg

交通事故・後遺障害のご相談 相談料・着手金0円 048-825-8686 受付時間 9:00~19:00(平日) 無料相談はこちら

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

【浦和総合法律事務所】事務所サイトバナー.png

浦和総合法律事務所 採用情報.png

弁護士特約利用で0円 詳しくはこちら

まずはお電話でお気軽に無料電話相談 詳しくはこちら

お気軽にご相談ください無料メール相談 詳しくはこちら

CONTENTS MENU

事務所概要 〒330-0064埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 コスタ・タワー浦和A棟202A JR浦和駅西口徒歩5分 048-825-8686 アクセスはこちら

アクセスマップ

 

浦和総合法律事務所 JR浦和駅西口徒歩5分

〒330-0064
埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26-1 
コスタ・タワー浦和A棟202A・B
電話 048-825-8686

Copyright (C) 2014 浦和総合法律事務所 All Rights Reserved.